カテゴリ:インフォメーション( 30 )

 

やおよろず地球まつりINさっぽろ

ツーリング洞爺湖は7月5日に札幌大通公園から出発するピースウォーク、7月6日にはサッポロファクトリーの「やおよろず地球まつりinさっぽろ」に合流します。

5日のピースウォークについては「G8サミット市民フォーラム北海道」のHPの案内をご覧ください。http://kitay-hokkaido.net/modules/piCal/index.php?smode=Daily&action=View&event_id=0000000140&caldate=2008-7-2

6日は「行くぞ洞爺湖!ママチャリサバイバル」の学生たちと一緒に市内を自転車でライドします。コースは豊平川サイクリングロード(http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/stn/oyakudachi/cycle/index.html)です。
興味のあるかた是非、来てくださいねー。
以下呼びかけ文と詳細を掲載します。

c0145828_13752100.jpg


今、地球はきっと曲がり角に、立っている。
 7月7日から始まる洞爺湖サミットでも、環境・貧困・平和など、さまざまな問題が目の前に山積み状態。たくさんの問題がからみあって、こんがらがって、どこから手をつけていいのやら。
 でも、「いのち」というキーワードで、ときほぐしていくとどうすればいいか見えてくる。
 一番たいせつなのは、この地球に在る多様な「いのち」にとって一番良い方法は何か?って考えてみることをスタンダードにしていくこと。
 小さな花や虫、子どもたち、若い人もお年寄りも、男も女も、みんなこの地球に棲むやおよろずの「いのち」たち。地球は、この「やおよろず=多様ないのち」の大きなかたまり! だからもうこれ以上、他の「いのち」を踏みにじっていても気づかないふりをしたり、地球に甘えたりしちゃダメ!!
 こんな時代に、日本でサミットが開催されるのも何かのご縁。そういうことなら、やおよろず地球の再生を願うお祭りで、「いのち」の磁場を創りだすなり♪

【日時】7月6日(日)11:00~19:00

【場所】サッポロファクトリー煙突広場 札幌市中央区北2条東3丁目

【主催】やおよろず実行委員会(虔十の会とその仲間たち)

【出演】
★ジンタらムータ
 大熊ワタル(cl)・桜井芳樹(g)・阿部万里江(acc)・渡辺明子(tp)・JIGEN(b)・こぐれみわぞう(チンドン太鼓、フロアタム)
★RabiRabi×Pico
★アシリ・レラ(アイヌ風の家)
★マエキタミヤコ(トークゲスト)
その他アーティスト交渉中

【その他】トークやワークショップ(風鈴作り、苔玉作り、ヨガ他)なども開催

【参加費】無料

【問い合わせ先】kenju_sakata@yahoo.co.jp
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 13:14 | インフォメーション  

スタート時に行う申し入れ書の内容です

c0145828_15194291.jpg 古い呼び方では檄布、いまどき風にいえばメッセージカーテン? これに東京→洞爺湖→札幌 1300㌔という感じになるんです。
 下記掲載のとおり、スタート時に政府各省庁に提出する要望書が出来つつあります。いちど書いたものを先方(お役所)に見てもらい、間違いがないか確認する。けっこう大変なんですね、思いついたことを書いてるのは問題ない(好き勝手なことを、と思われるだけ019.gif)んですが、法律上のことを突っつくとお役人さんもシビアになるんです。
 とりあえず、掲載したのは総論の部分で、各省庁への具体的な政策提言と要望は、環境省経済産業省国土交通省警察庁となっています。c0145828_15345542.jpg 
 出発を前に細かいこたぁ言いたくありませんが、写真は改正道交法施行初日の東京都内。けっきょく、警視庁は本気で自転車の歩道走行を取り締まる気がなかったということ。この点は、とくに自転車レーンの整備との関係で基本的な前提となる交通ルール。厳しく申し入れるのは言うまでもない。なお出発以降、途中合流などの連絡は私{080-3410-5363}のほうにお願いします。(横山茂彦) 




内閣総理大臣 福田 康夫 様
内閣府 内閣官房長官 町村 信孝 様
環境省 環境大臣 鴨下 一郎 様 
経済産業省 経済産業大臣 甘利 明 様
国土交通省 国土交通大臣 冬柴 鐵三 様
警察庁 長官 吉村 博人 様

ツーリング洞爺湖2008 代表 横山茂彦
 全行程参加者 渡瀬義孝 斉藤円華
       
福田ビジョンのより実効性ある実施を求める要望書

 洞爺湖サミットの行方を多くの国民が注視し、政府が適切なリーダーシップをとるよう呼びかけるキャンペーンとして、私たちは本日から北海道洞爺湖へ向け1300キロの自転車ツーリングを開始します。出発に当り、以下の内容を要望させていただきます。
 
 6月9日、福田首相は洞爺湖サミットに向け、「『低炭素社会・日本』をめざして」と題する地球温暖化対策(福田ビジョン)を発表しました。
 この中で首相は「先進国が途上国以上の貢献をすべきだ」とし、日本の温室効果ガス削減長期目標を初めて明確化させ、「50年までに現状比60~80%削減」を打ち出しました。
 これまで経済界が強く反対してきた国内排出量取引制度についても、今秋から「国内統合市場」を開設し、試験的に導入する考えを表明しています。
 私たちはサミット議長国として、日本政府がこれまでより一歩踏み込んだ姿勢を示したことを歓迎いたします。同時に、福田ビジョンが示した削減目標を確実に達成するためには、以下の点を早急に是正・補強することが必要だと考え要望いたします。

<温室効果ガス削減中期目標の設定を>

(1)長期目標の確実な達成のため、2020年までに1990年比で最低でも25%以上削減する中期目標を明確にし、法的拘束力を持たせること。

(2)国内排出量取引は、総量規制を設けた上での「キャップ&トレード」とすること。

(3)炭素税(環境税)導入期限を示し、グリーン税制改革を実施すること。

(4)再生可能エネルギーの導入目標を明確化し、風力・太陽光などの開発・普及にこそ重点を置くこと。

(5)膨大な核廃棄物を出す原発は「ゼロ・エミッション電源」ではあり得ません。真に持続可能な未来のため、原発関連予算は安全対策費や廃炉措置のみに暫時縮小し、エネルギー関連予算の多くを再生可能エネルギーへ振り向けること。

<「もったいない」の精神を世界へ発信>

 5月22日、(独)国立環境研究所などによる「2050 日本低炭素社会」シナリオチームは、レポート「低炭素社会に向けた12の方策」を発表しました。
 12の方策の内容は以下の通りです。

<民生分野>
①快適さを逃さない住まいとオフィス、②トップランナー機器をレンタルする暮らし
<産業分野>
③安心でおいしい旬産旬消型農業、④森林と共生できる暮らし、⑤人と地球に責任を持つ産業・ビジネス
<運輸分野>
⑥滑らかで無駄のないロジスティックス、⑦歩いて暮らせる街づくり
<エネルギー転換分野>
⑧カーボンミニマム系統電力、⑨太陽と風の地産地消、⑩次世代エネルギー供給
<横断分野>
⑪「見える化」で賢い選択、⑫低炭素社会の担い手づくり

 このレポートでは、「主要な温室効果ガスであるCO2 を1990年に比べて70%削減する技術的なポテンシャルが存在する」「特にエネルギー需要側での削減努力が重要である」と指摘しています。
 温暖化対策を原発推進に偏重させることなく、政府はこのレポートの内容をこそ尊重し実施すべきです。幸い福田ビジョンでは、「我が国の文化の源泉には、『自然との共生』という理念がございます」「『もったいない』の精神は、間違いなく新たな低炭素社会におけるキーワードとなるものです」と語られています。
 つまり大量生産-大量消費そのものを問い直さない限り、私たちは未来の世代に持続可能な地球を手渡すことはできないのです。
 洞爺湖サミットの議長国として、政府はぜひ「もったいない」や「足るを知る」日本の文化を世界に発信していただきたい。同時に、それに見合う実効性ある温暖化対策をリードするよう強く求めます。

<安全・快適に自転車を利用できる環境を>

 ガソリン価格が高騰するなか、かってない自転車ブームが起きつつあり、環境にも人にも優しい身近な乗り物として再注目されています。
 自転車に乗れば、エネルギーの大切さを改めて実感すると共に、四季折々の豊かな自然を再発見できます。
 しかしながら、日本の都市や道路は自転車にとって優しい環境ではありません。もっと安全に快適に自転車に乗ることができれば、家計を助けると共にCO2削減にも大きく貢献できるはずです。
 自動車優先ではなく、自転車や歩行者に優しい街づくり、道路づくりこそ低炭素社会への移行にとって不可欠です。またそれに見合う道交法などの整備を求めます。

<国民全員でビジョンを共有する>

 先に触れた「低炭素社会に向けた12の方策」では、「低炭素社会づくりには、政府のリーダーシップが必須であるが、それだけでは達成できない。政府、自治体、市民、ビジネス、NGOなど各主体が、低炭素社会についてのビジョンを共有し、お互いの役割を明確にしながら、信頼に基づいた行動をすることが重要である」と述べています。
 そのためには、福田ビジョンを国民的に議論することが問われています。私たちのキャンペーンもささやかながらその一端を担えればと思いますが、ぜひ洞爺湖サミットを契機として自治体やNGOなどとより開かれた対話の場を拡大されるよう要望いたします。


072.gifインターネット新聞にプロジェクトを応援いただいています。
072.gifツーリング洞爺湖はパタゴニアから製品供給を受けています。

[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-18 14:54 | インフォメーション  

ツーリング洞爺湖2008 出発まで後2日

5月に取材を受けた毎日新聞が今日の朝刊で紹介してくれました。
記事は以下のリンクからどうぞ!

http://mainichi.jp/life/ecology/news/20080616ddm016040043000c.html

19日国会前スタート時には、ウィークデーにも関わらず今のところ15人前後集まる予定です。
お時間のある方はぜひお越しください!

なお、「自宅から自転車で国会前に行くのは遠すぎる」と諦めている方へ。
文京区が午前7時からレンタルサイクルサービスをしていますのでご検討ください。
1日500円で借りられます。詳細は以下のリンクをご覧ください。

http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_dokan_cycle_rentacycle.html

政府及び各省庁への要望書は、明日にでもUPする予定です。
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-16 11:11 | インフォメーション  

6月19日(木)午前9時に国会正門前に集まろう!

ツーリング洞爺湖スタート時の詳細が決まりました。

 9:00 国会議事堂正門前集合
 9:05 内閣府で首相への要望書提出
 9:15 国会正門前で各省庁に要望書提出
 9:30過ぎ、スタート

 首相や各省庁への要望書については間もなく完成予定。
 出来次第発表します。
 自転車で参加が無理な方でも、ぜひ見送りに来てください!
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-13 12:07 | インフォメーション  

「ツーリング洞爺湖2008への取材のお願い」発表しました 

福田ビジョンのより実効性ある実施を求め
東京~洞爺湖1300キロの自転車キャンペーンを行います!


 6月19日(木)午前9時、民主党金田誠一議員の紹介で内閣府・内閣総務官室で首相への申し入れを行い、その後国会議事堂正門前で各省庁への申し入れ後スタートします。
 洞爺湖サミットの行方を多くの国民が注視し、政府が適切なリーダーシップをとるよう呼びかける私どものキャンペーンへの取材をお願いいたします。

<各省庁への申し入れ総論 温室効果ガス削減中期目標の設定を>

 6月9日、福田首相は洞爺湖サミットに向け、「『低炭素社会・日本』をめざして」と題する地球温暖化対策(福田ビジョン)を発表しました。
 この中で首相は「先進国が途上国以上の貢献をすべきだ」とし、日本の温室効果ガス削減長期目標を初めて明確化させ、「50年までに現状比60~80%削減」を打ち出しました。
 これまで経済界が強く反対してきた国内排出量取引制度についても、今秋から「国内統合市場」を開設し、試験的に導入する考えを表明しています。
 私たちはサミット議長国として、日本政府がこれまでより一歩踏み込んだ姿勢を示したことを歓迎いたします。同時に、福田ビジョンが示した削減目標を確実に達成するためには、以下の点を早急に是正・補強することが必要だと考えます。

(1)長期目標の確実な達成のため、2020年までに1990年比で最低でも25%以上削減する中期目標を明確にし、法的拘束力を持たせること。
(2)国内排出量取引きは、総量規制を設けた上での「キャップ&トレード」とすること。
(3)炭素税(環境税)導入期限を示し、グリーン税制改革を実施すること。
(4)再生可能エネルギーの導入目標を明確化し、風力・太陽光などの開発・普及にこそ重点を置くこと。
(5)膨大な核廃棄物を出す原発は「ゼロ・エミッション電源」ではあり得ません。真に持続可能な未来のため、原発関連予算は安全対策費や廃炉措置のみに暫時縮小し、エネルギー関連予算の多くを再生可能エネルギーへ振り向けること。

<サミットでは「もったいない」の精神を世界へ>

 5月22日、(独)国立環境研究所などによる「2050 日本低炭素社会」シナリオチームは、レポート「低炭素社会に向けた12 の方策」を発表しました。
 このレポートでは、「主要な温室効果ガスであるCO2 を1990年に比べて70%削減する技術的なポテンシャルが存在する」「特にエネルギー需要側での削減努力が重要である」と指摘しています。
 温暖化対策を原発推進に偏重させることなく、政府はこのレポートの内容をこそ尊重し実施すべきです。幸い福田ビジョンでは、「我が国の文化の源泉には、『自然との共生』という理念がございます」「『もったいない』の精神は、間違いなく新たな低炭素社会におけるキーワードとなるものです」と語られています。
 つまり大量生産-大量消費そのものを問い直さない限り、私たちは未来の世代に持続可能な地球を手渡すことはできないのです。
 洞爺湖サミットの議長国として、政府はぜひ「もったいない」や「足るを知る」日本の文化を世界に発信していただきたい。同時に、それに見合う実効性ある温暖化対策をリードするよう強く求めます。

<自転車は環境にも人にも優しい乗り物です>

 今回私たちは、東京~洞爺湖を自転車でツーリングします。
 ガソリン価格が高騰するなか、かってない自転車ブームが起きつつあり、環境にも人にも優しい身近な乗り物として再注目されています。
 自転車に乗れば、エネルギーの大切さを改めて実感すると共に、四季折々の豊かな自然を再発見できます。
 しかし残念ながら、日本の都市や道路は自転車にとって優しい環境ではありません。もっと安全に快適に自転車に乗ることができれば、家計を助けると共にCO2削減にも大きく貢献できるはずです。
 私たちは自転車で洞爺湖を目指すことで、環境問題を国民一人一人の身近な問題として考えるきっかけになればと考えています。ツーリングの途中では、各原子力関連サイトに立ち寄り、安全性の徹底や情報公開を求めて申し入れをします。
 7月6日には、札幌市内で予定されているイベントに参加し、環境について考える多くの人々と合流する予定です。
 ぜひ私どものキャンペーンの主旨をご理解され、取材をお願いする次第です。

<ツアースケジュール>

6月19日(木) 午前9時 国会前集合 首相・各省庁へ申し入れ 
         9時半 出発
6月20日(金) 午前9時  日本原子力研究開発機構へ申し入れ  
         10時 東海第2原発に申し入れ
6月21日(土) 午前9時 福島第2原発で、第1原発と第2原発の広報担当者に申し入れ
6月22日(日) 休憩日 
         ※午後5時から仙台市内にて「わかめの会」有志の人たちと交流会
6月23日(月) 午後2時 女川原発へ申し入れ  石巻へ
6月24日(火) 石巻から岩手県大船渡へ
6月25日(水) 大船渡から岩手県山田町へ
6月26日(木) 山田町から重茂を経て宮古市へ ※宮古市で市民団体と交流会
6月27日(金) 宮古から青森県九戸郡へ
6月28日(土) 九戸郡から八戸へ
6月29日(日) 六ヶ所村・花とハーブの里へ 
6月30日(月) 午前9時 再処理工場へ申し入れ ※スパハウスろっかぽっかにて
         午後2時 東通原発へ申し入れ
7月1日(火)  大間から函館へフェリー 函館にて休憩日
7月2日(水)  函館から長万部へ
7月3日(木)  長万部から洞爺湖へ
7月4日(金)  札幌へ
7月5日(土)  札幌市内でウォークに参加
7月6日(日)  札幌市内のイベントに参加。市内でツーリングキャンペーン
<総走行距離  1300キロ以上>


     ツーリング洞爺湖2008 代表 横山茂彦
       ブログ http://tourtoya08.exblog.jp/ 
        mail g8cycle@gmail.com  

※このプロジェクトはパタゴニアの製品供給を受けています。
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-13 07:17 | インフォメーション  

行くぞ!洞爺湖ママチャリサバイバル

 ママチャリで洞爺湖を目指す学生たちの記事が本日発売の読売新聞埼玉版と埼玉新聞に掲載されました

 読売の記事は以下のページで見れます。
  http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20080604-OYT8T01091.htm

 東京新聞
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20080605/CK2008060502000131.html

 埼玉新聞
  http://www.saitama-np.co.jp/news06/05/07x.html



 彼らは6月8日(日)午後3時国会前スタートです。
 応援に行ける方はぜひお願いします。

 彼らとコラボしてツーリング洞爺湖をさらに大きく盛り上げましょう!
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-05 08:34 | インフォメーション  

ママチャリで洞爺湖を目指す学生たちとのコラボ・キャンペーンやります!

 アースデイ東京でユニークな学生さんと出会いました。
 洞爺湖サミットに若者の声を届けようと、なんとママチャリで1300キロを旅する学生たち。
 自転車で洞爺湖を目指す仲間として意気投合し、この間話し合いを積み重ねてツーリング洞爺湖とコラボ企画することになりました。
 今日はその詰めの打ち合わせを開催。

c0145828_22455062.jpg


 彼らは過去、東京~愛知、愛知~沖縄、そして四国一周のママチャリツアーを敢行。
 四国ツアーの詳細は以下のブログに掲載されているのでぜひご覧ください。
  http://greenz.jp/blog/mamachari/

c0145828_22463032.jpg


 今回は洞爺湖サミットに合わせ環境問題をアピールしようと、ツーリング洞爺湖に先立ち6月8日に国会前をスタート。
 勿論全行程をママチャリで走ります。テントや鍋を積み込み、キャンプしたりネットカフェに宿泊しながら北上するそうです。

 ツーリング洞爺湖は、彼らに遅れること約2週間弱、6月19日に国会前をスタートして彼らを追いかけるように北上。
 そしてサミット開催前日の7月6日(日)、ママチャリの学生と札幌市内で合流し、自転車乗りが一堂に会してキャンペーンすることになりました。

 ママチャリ・ツアーのリーダー矢部さんは、難しい理屈抜きにとにかく多くの人に環境問題を考えてもらえるきっかけをつくりたいと抱負を語ってくれました。

 さてコラボ企画の目玉は、7月6日の大合流へ向けて、ママチャリ・ツアーやツーリング洞爺湖、はたまた同じように洞爺湖を目指すヒッチハイカーなどの現在位置をリアルタイムで地図上に表示するキャンペーン。

c0145828_22465321.jpg

 
 携帯のGPS機能を使い、携帯から位置情報を送信して地図表示するソフトを開発してくれるのは石川さん。
 アイコンをクリックすると、その位置周辺で書き込まれたママチャリツアーやツーリング洞爺湖のブログ記事へジャンプする機能も搭載予定です。

c0145828_22471694.jpg


 ママチャリやツーリング洞爺湖だけでなく、色んな人たちがあちこちから洞爺湖を目指す動きが表現できたら素晴らしいですね!
 ぜひこのキャンペーンに参加希望の方は、ママチャリ・ツアーなりツーリング洞爺湖までご連絡ください。
 GPS機能付き携帯があれば参加可能です。

 自転車や旅が大好きで、環境のことを考える人ができるだけ沢山集まれば、サミットに向けて少しはアピールできるかもしれません。

 7月6日のイベントの詳細は間もなく決まりますが、海外メディアなどにも広くアピールする予定。
 世界が注目する洞爺湖サミット。7月のこの時期、北海道の気候はツーリングに最適のはず。
 札幌市内で自転車をレンタルして合流しても大丈夫。とにかく楽しくのんびりと自転車で走り、環境問題をアピールしましょう!
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-02 22:48 | インフォメーション  

明日の「アースデイちば」は雨天の場合は中止です

 ツーリング洞爺湖2008はブース出展予定ですが、雨天の場合はイベントそのものが中止となりますのでご注意ください。

 以下、アースデイちばのHPより。

********************

■開催の有無の決定に関するお知らせについて

●開催前日夜22:00頃、アースデイちばのHPにてお知らせいたします。
 (http://www.earthday-chiba.net/

 ただし、天候が安定していると判断した場合には、それ以前のお知 らせになる可能性もございます。

●前日夜の段階で天候の見極めが非常に困難な場合は、開催当日6 :00頃、上記HPにてお知らせ致します。

●アースデイちば実行委員会事務局の電話043-285-2765でも開催に関するインフォメーションを流します。

[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-05-24 09:18 | インフォメーション  

アースデイちばに出展します!

 台風4号が関東地方を直撃してますね。
 この春先から度々強烈な低気圧が吹き荒れ、早々と5月にして台風が本州を直撃するなど、なにか気候が変です。

 一刻も早く、温暖化傾向をストップさせる抜本的な対策が必要です。

 そんな想いで5月25日(日)はアースデイちばに参加します。
 アースデイ東京でも出した自転車発電体験コーナーやエコグッズ販売をする予定です。
 お近くの方はぜひお越しください!

アースデイちば

[日時]2008年5月25日(日)
   10:30-16:00
[場所]千葉市幕張海浜公園DEブロック
   (千葉市美浜区美浜)
[主催]アースデイちば実行委員会
     http://www.earthday-chiba.net/

c0145828_100375.jpg

[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-05-20 10:00 | インフォメーション  

ツーリング洞爺湖2008 5月18日走行会のご案内

 6月19日の国会前スタートまで1ヶ月余りとなり、5月18日(日)に走行会を開催します。

 この日は毎日新聞の取材が入ります。ぜひ賑やかにして宣伝したいので、参加協力お願いします。ママチャリでも大歓迎!

 以下、コースです。

 午前10時 荒川サイクリングロード・東武伊勢崎線鉄橋下
      ※荒川の右岸。南側が公園で東京拘置所の対岸になります。
      ※当日私はアースデイのブースでも出した旗をもっていきます。

c0145828_9225927.jpg


  簡単な打ち合わせ後出発→荒川サイクリングロード

 午前10時45分~11時 大島小松川公園到着
  
  毎日新聞の取材(15分ぐらい?)

 正午 葛西臨海公園 食事(園内の売店カレーかイトーヨーカドーのフードコート)

 江戸川サイクリングロード

 午後2時 柴又公園
 午後3時 荒川CR木根川橋(芝川水門から12㌔地点)解散

 ※コースは当日、参加者の希望で変更ありです。 

 現在私が把握している限り、10名弱の参加が予定されています。
 天気は晴れそうですね。ご協力よろしくお願いいたします。

  Yoshitaka 
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-05-14 09:23 | インフォメーション