<   2008年 06月 ( 90 )   > この月の画像一覧

 

杉山さん宅で晩御飯

c0145828_20581153.jpg

今夜の宿を提供していただいた杉山さん宅でカレーライスをご馳走になりました
美味しかった(^O^)
明日は午前5時に出発して大間を目指します
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 20:58 | モバイル  

田名部川サイクリングロードです

c0145828_20533494.jpg

素晴らしい景色を堪能しました
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 20:53 | モバイル  

むつ市の素晴らしい高原です

c0145828_2044423.jpg

今夜の宿のそばにある高原を案内してもらいました
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 20:44 | モバイル  

田名部高校のボート部の方と記念撮影

c0145828_20334178.jpg

東京から洞爺湖まで自転車で走っていると語ると「エーッ」との驚きの声
眩しい笑顔をいただきました
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 20:33 | モバイル  

今日から最強メンバーです

c0145828_20264055.jpg

右の20代から左の60代まで各年代が揃いました
このメンバーで洞爺湖から札幌を目指します
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 20:26 | モバイル  

東通原発への申し入れ

再処理工場に引き続き、午後は東通原発に申し入れ。

c0145828_15254062.jpg


現在メンバーはむつ市に向かって北上中。
c0145828_15255983.jpg

写真右手は広大な原発建設予定地。
東北電力・東京電力が用地を買収しており、なんと20基の原発建設が計画されています。
まさに「原発銀座」。
ここで作られた電気は、地元の人が消費するのではなく、東京へ送られる。
なんで電気を一番使う東京じゃなく青森につくるんでしょうかね?


以下に申し入れ文を掲載します。

……………………………………………………………………………………
2008年6月30日
東北電力株式会社 取締役社長 高橋 宏明 様
東通原子力発電所長 渡部 孝男 様

ツーリング洞爺湖2008 代表 横山茂彦
全行程参加者 渡瀬義孝 斉藤円華
〒271-0093 千葉県松戸市小山 490-1-601 横山方
Tel:047-368-0173. Fax:047-368-0173

申し入れ書

岩手・宮城内陸地震の最大加速度4022ガルを直視し
東通原子力発電所の耐震補強を再検討してください


  洞爺湖サミット開催を前に、福田首相は「『低炭素社会・日本』をめざして」と題する地球温暖化対策(福田ビジョン)を発表しました。
 私たちは今回、福田ビジョンのより実効性ある実施を求めるキャンペーンとして東京~洞爺湖1300キロ自転車ツーリングを行っており、貴社へも以下の申し入れをさせていただきます。

 日本の温暖化対策のなかで原子力をどう位置づけるのかは極めて重大な問題であり、国民的合意抜きに国策が一人歩きすることは許されません。
 福田ビジョンに先立って5月22日、(独)国立環境研究所などによる「2050 日本低炭素社会」シナリオチームは、レポート「低炭素社会に向けた12の方策」を発表しました。この12の方策のなかでも、原子力は再生可能エネルギーやCCS併設火力発電所と共に「カーボンミニマム系統電力」として位置づけられております。
 しかしそれはあくまで12の施策中の一つでしかなく、原子力を温暖化対策の切り札として評価しているわけではありません。また、「目指す将来像」としては次のように提起されています。

【適切な原子力の利用】原子力発電所は、電力需要推移や他の発電技術の開発動向を見据えた上で、政府、電力会社のみならず、市民も巻き込んで合意形成されている。安全性確保とそのための情報開示制度の徹底を前提とし、適切な廃棄物管理の下、国際的な核拡散防止の観点も加味した上で適切な水準での維持、稼働が進められている。

 これは裏を返せば、現在の原子力の利用は「政府、電力会社のみならず、市民も巻き込んで合意形成されている」とは言えず、情報開示も不十分で、「適切な水準での維持、稼働」には至っていないことを示唆していると考えられます。

 とりわけ私たちは、6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震の莫大なエネルギーを無視してはならないと考えます。幸い東通原子力発電所の安全性には問題なかったと報告されておりますが、この地震では、震源から最も近い岩手県一関市内で最大加速度4022ガルを記録しました。
2004年に発生した新潟県中越地震でも2515・4ガルを記録しており、今や地震の活動期に入った日本列島では、巨大地震が頻発しています。
 ところが日本全国に55基ある原子力発電所は、これら巨大地震に耐え得るとは言い難い現状です。東通原子力発電所でも、最近基準地震動が最大450ガルに引き上げられましたが、残念ながら余りに不十分だと言わざるを得ません。

 さらに岩手・宮城内陸地震は、活断層とは認識されていなかった断層が引き起こしたとされています。原子力発電所周辺での活断層調査の不備が指摘されていますが、問題とされるべきは活断層だけではないのです。
 一度重大事故が起きれば取り返しのつかないことになる原子力発電所の耐震基準は、度重なる巨大地震の発生を直視し、大幅に見直されるべきです。耐震コストに耐えられないことを理由に安全性を軽視して原子力発電所を稼動し続けるとしたら、貴社は社会的責任を果たせないことになります。
 よって早急に東通原子力発電所の耐震基準を見直し、安全・安心の観点からさらに厳しくすることを求めます。同時に、それに必要なコストを正確に情報開示し、原子力に関する国民的な議論の材料として提供するよう要望します。

以上
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 15:36 | レポート  

やおよろず地球まつりINさっぽろ

ツーリング洞爺湖は7月5日に札幌大通公園から出発するピースウォーク、7月6日にはサッポロファクトリーの「やおよろず地球まつりinさっぽろ」に合流します。

5日のピースウォークについては「G8サミット市民フォーラム北海道」のHPの案内をご覧ください。http://kitay-hokkaido.net/modules/piCal/index.php?smode=Daily&action=View&event_id=0000000140&caldate=2008-7-2

6日は「行くぞ洞爺湖!ママチャリサバイバル」の学生たちと一緒に市内を自転車でライドします。コースは豊平川サイクリングロード(http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/stn/oyakudachi/cycle/index.html)です。
興味のあるかた是非、来てくださいねー。
以下呼びかけ文と詳細を掲載します。

c0145828_13752100.jpg


今、地球はきっと曲がり角に、立っている。
 7月7日から始まる洞爺湖サミットでも、環境・貧困・平和など、さまざまな問題が目の前に山積み状態。たくさんの問題がからみあって、こんがらがって、どこから手をつけていいのやら。
 でも、「いのち」というキーワードで、ときほぐしていくとどうすればいいか見えてくる。
 一番たいせつなのは、この地球に在る多様な「いのち」にとって一番良い方法は何か?って考えてみることをスタンダードにしていくこと。
 小さな花や虫、子どもたち、若い人もお年寄りも、男も女も、みんなこの地球に棲むやおよろずの「いのち」たち。地球は、この「やおよろず=多様ないのち」の大きなかたまり! だからもうこれ以上、他の「いのち」を踏みにじっていても気づかないふりをしたり、地球に甘えたりしちゃダメ!!
 こんな時代に、日本でサミットが開催されるのも何かのご縁。そういうことなら、やおよろず地球の再生を願うお祭りで、「いのち」の磁場を創りだすなり♪

【日時】7月6日(日)11:00~19:00

【場所】サッポロファクトリー煙突広場 札幌市中央区北2条東3丁目

【主催】やおよろず実行委員会(虔十の会とその仲間たち)

【出演】
★ジンタらムータ
 大熊ワタル(cl)・桜井芳樹(g)・阿部万里江(acc)・渡辺明子(tp)・JIGEN(b)・こぐれみわぞう(チンドン太鼓、フロアタム)
★RabiRabi×Pico
★アシリ・レラ(アイヌ風の家)
★マエキタミヤコ(トークゲスト)
その他アーティスト交渉中

【その他】トークやワークショップ(風鈴作り、苔玉作り、ヨガ他)なども開催

【参加費】無料

【問い合わせ先】kenju_sakata@yahoo.co.jp
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 13:14 | インフォメーション  

六ヶ所再処理工場に申し入れ

今日は午前9時に六ヶ所再処理工場に申し入れ。
c0145828_11232122.jpg

六ヶ所村の「花とハーブの里」の菊川慶子さん、「三陸の豊かな海を守る会」の菅野和夫さんと共に、1時間半みっちり行いました。
c0145828_11234032.jpg


以下に申し入れ文を掲載します。

………………………………………………………………………………………………

2008年6月30日
日本原燃株式会社 代表取締役社長 兒島 伊佐美 様

ツーリング洞爺湖2008 代表 横山茂彦
全行程参加者 渡瀬義孝 斉藤円華
〒271-0093 千葉県松戸市小山 490-1-601 横山方
Tel:047-368-0173. Fax:047-368-0173

申し入れ書

岩手・宮城内陸地震の最大加速度4022ガルを直視し
再処理工場などの耐震補強を再検討してください


  洞爺湖サミット開催を前に、福田首相は「『低炭素社会・日本』をめざして」と題する地球温暖化対策(福田ビジョン)を発表しました。
 私たちは今回、福田ビジョンのより実効性ある実施を求めるキャンペーンとして東京~洞爺湖1300キロ自転車ツーリングを行っており、貴社へも以下の申し入れをさせていただきます。

 日本の温暖化対策のなかで原子力をどう位置づけるのかは極めて重大な問題であり、国民的合意抜きに国策が一人歩きすることは許されません。
 福田ビジョンに先立って5月22日、(独)国立環境研究所などによる「2050 日本低炭素社会」シナリオチームは、レポート「低炭素社会に向けた12の方策」を発表しました。この12の方策のなかでも、原子力は再生可能エネルギーやCCS併設火力発電所と共に「カーボンミニマム系統電力」として位置づけられております。
 しかしそれはあくまで12の施策中の一つでしかなく、原子力を温暖化対策の切り札として評価しているわけではありません。また、「目指す将来像」としては次のように提起されています。

【適切な原子力の利用】原子力発電所は、電力需要推移や他の発電技術の開発動向を見据えた上で、政府、電力会社のみならず、市民も巻き込んで合意形成されている。安全性確保とそのための情報開示制度の徹底を前提とし、適切な廃棄物管理の下、国際的な核拡散防止の観点も加味した上で適切な水準での維持、稼働が進められている。

 これは裏を返せば、現在の原子力の利用は「政府、電力会社のみならず、市民も巻き込んで合意形成されている」とは言えず、情報開示も不十分で、「適切な水準での維持、稼働」には至っていないことを示唆していると考えられます。

 とりわけ私たちは、6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震の莫大なエネルギーを無視してはならないと考えます。幸い再処理工場をはじめとする貴社の各施設の安全性には問題なかったと報告されておりますが、この地震では震源から最も近い岩手県一関市内で最大加速度4022ガルを記録しました。
2004年に発生した新潟県中越地震でも2515・4ガルを記録しており、今や地震の活動期に入った日本列島では、巨大地震が頻発しています。
 貴社の再処理工場では基準地震動を450ガルとしており、残念ながら余りに不十分だと言わざるを得ません。最近の研究では、工場付近に活断層が存在することも明らかとなっており、大変憂慮すべき事態です。

 さらに岩手・宮城内陸地震は、活断層とは認識されていなかった断層が引き起こしたとされています。原子力発電所周辺での活断層調査の不備が指摘されていますが、問題とされるべきは活断層だけではないのです。
 一度重大事故が起きれば取り返しのつかないことになる原子力施設の耐震基準は、度重なる巨大地震の発生を直視し、大幅に見直されるべきです。耐震コストに耐えられないことを理由に安全性を軽視して再処理工場を稼動し続けるとしたら、貴社は社会的責任を果たせないことになります。
 よって早急に再処理工場などの各施設の耐震基準を見直し、安全・安心の観点からさらに厳しくすることを求めます。同時に、それに必要なコストを正確に情報開示し、原子力に関する国民的な議論の材料として提供するよう要望します。

海や空に放射能を放出しないでください

 現在貴社の再処理工場はアクティブ試験を行っていますが、工場からはわずか1日で原発1年分の放射能が環境中に放出されます。
 イギリスのセラフィールド、フランスのラアーグの再処理工場周辺では、小児白血病の発症率が異常に高まっているとの報告もあり、とりわけ東北各県の住民はこの問題を強く懸念しています。
 岩手県内では既に、「『放射能海洋放出規正法(仮称)』の法律制定を求める請願書」が、35自治体中の29もの自治体で採択されております。
 貴社はこうした国民の切実な声を受け止め、少なくとも再処理工場から海や空に放出される放射能レベルを最小限に削減する努力をしてください。
 耐震補強と同様、放射能除去のために必要なコストを正確に情報開示し、原子力に関する国民的な議論の材料として提供するよう要望します。
 

以上
 
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-30 11:24 | レポート  

昨日合流した久保田さんと江藤さん

c0145828_20514017.jpg

花とハーブの里近辺で帰路に
本当は花とハーブの里まで一緒に行く予定でしたが
実は迷いました

気温が低いので本当に寒いなか凍えてました
そんななか久保田さんと江藤さんとしばしのお別れ

本当にお疲れさまでした
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-29 20:51 | モバイル  

六ヶ所村原燃PRセンター

c0145828_1871155.jpg

ここから さわさんが合流しました
それにしてもものすごく寒いです
[PR]

by tourtoyako2008 | 2008-06-29 18:07 | モバイル